ソウルの街・山歩き


by 1926723

アン・ジュングン関東都督府地方法院2月7日法廷

c0180345_21595541.jpg


画像をクリックすると少しは拡大します。

c0180345_2205495.jpg


アップしたのは四分の一程度です。
公判開廷の記事は三倍程度です。
 その記事中には園木通訳を通じて被告人の訊問と、報じられています。
安重根が獄中で筆記した文は漢文です。
『満州日日』の「公判速記録」も通訳を介した訊問と応答を速記、新聞に
掲載していると推測。
『公判速記録』として「満州日日新聞社」が単行本として刊行しているようですが、未見。
「東洋平和論」は未完ですが、逮捕後の訊問、公判での陳述、判決後の訊問で
大凡、骨子は語っています。
 通訳を介して、あるいは直接、聴いて「訊問録」を日本語で書記が作成して複数部筆写されています。一次史料として現認をしています。

二月八日に「二日目公判」九日付け。
二月九日に第三回公判、午後四時過ぎに安重根の発言を契機に
傍聴禁止を裁判長は命じます。
「武力を以て五ヶ条七ヶ条の協約強請」
「日本天皇陛下に対しても大逆賊なるものの如しそは現皇帝の──」
公安の秩序を乱るものと認め傍聴禁止の旨を宣告したり時に四時二十分なり、
と報じている。
 いわゆる伊藤博文の十五か条の罪を述べている。
 「天皇陛下」という発言が通訳の文言なのか確認はできない。
[PR]
by 1926723 | 2009-02-07 22:00